読む人も、書く人も、
すべてを考え抜いたデザイン。
真の使いやすさを追求したWPテーマ『JIN』
EC運営

【必見!】楽天市場の出店手数料を一覧で解説!出店までの流れも。

楽天市場の出店手数料とは

ネットショップを開設して、商品の販路拡大をしたいと考えている時の悩みに、「どのネットショップで出店しようか」があると思います。
予算が沢山あれば自社のECサイトを作成することができますが、予算が少なく「売れるかどうかも分からない。」方は、楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングなどの大手モール型ECサイトへの出店を考えるかと思います。

今回は複数ある中から、「楽天市場」に出店した際にかかる出店料とシステム利用料についてご紹介します。

楽天市場への出店費用3つの料金プラン

楽天市場には3つの出店プランがあります。
初期登録費用は、全プラン共通で「60,000円(税抜)」です。

がんばれ!プランスタンダードプランメガショッププラン
初期登録費用60,000円60,000円60,000円
月額出店料19,500円50,000円100,000円
契約期間1年1年1年
支払いサイクル12ヶ月分一括払い6ヶ月分一括×2回払い6ヶ月分一括×2回払い
登録可能商品数5,000商品20,000商品無制限
画像容量500MB5GB無制限

※金額はすべて税抜き表示
出典:楽天市場への出店方法(楽天公式)

①がんばれ!プラン

初心者におすすめの出店プランです。

​​月額の出店料は19,500円と、1年契約のプランの中では最安値です。登録できる商品数は5,000商品まで、画像の容量は最大500MB。システム利用料は月間売上高の3.5~7.0%です。

  • 初期登録費用:60,000円
  • 月額出店料:234,000円(19,500円×12カ月分)※12カ月分一括払いのため
  • 合計:294,000円

②スタンダードプラン

月商140万円以上を目指すショップにおすすめされているプランです。月額の出店利用は50,000円ですが、システム利用料が月間売上高の2.0~4.5%とランニングコストがお得です。商品は20,000アイテムまで登録が可能、画像容量も最大5GBまで登録できます。

  • 初期登録費用:60,000円
  • 月額出店料:300,000円(50,000円×6カ月分)※6カ月分一括払いのため
  • 合計:360,000円

③メガショッププラン

商品アイテム数が多く、画像もたくさん登録したい場合の選択肢はメガショッププランとなるでしょう。月額出店料は10万円と1年契約プランの中で最も高額ですが、登録可能商品数と画像容量が無制限になります。システム利用料もスタンダードプランと同率です。

  • 初期登録費用:60,000円
  • 月額出店料:600,000円(100,000円×6カ月分)※6カ月分一括払いのため
  • 合計:660,000円

金額を比較すると、「がんばれ!プラン」で出店した方が良さそうに見えますが、実はこれから紹介するシステム利用料も含めると、「スタンダードプラン」が一番お得になっています。

出店とは別にかかる利用料

出店とは別にかかる利用料

楽天では、初期登録費用と月額出店料以外にもいくつかの利用料がかかります。
これから紹介する利用料の条件は複雑なため、注意して確認してください。

システム利用料はPCとモバイルで別々

このシステム利用料が一番ややこしいのですが、売上額に応じて、プランを変更しないと利用料に大きく差がでるため注意です。
システム利用料は、プランごとに月間の売上に応じてパーセンテージが異なります

システム利用料の料率は、下記の3つによって変動する仕組みになっています。

  • 注文経由がパソコンかモバイルか
  • 1注文あたりの平均単価(平均バスケット単価)
  • 月間売上高
がんばれ!プランスタンダードプランメガショッププラン
パソコン経由月間売上高の
3.5~6.5%
月間売上高の
2.0~4.0%
月間売上高の
2.0~4.0%
モバイル経由月間売上高の
4.0~7.0%
月間売上高の
2.5~4.5%
月間売上高の
2.5~4.5%

計算例

例)月間売上が100万、平均単価5,000円 の場合

がんばれ!プランスタンダードプランメガショッププラン
パソコン経由26,000円16,000円16,000円
モバイル経由41,500円27,000円27,000円

「スタンダードプラン」と「メガショッププラン」は月間売上高に対する料率が低くなっているため、月の売上が高いほどコストが抑えられます。
月商132万円を超える場合は「スタンダードプラン」が一番おすすめのプランになります。

3つのシステムサービス利用料

前述で紹介した3つの手数料以外にも加入することで発生する「システムサービス利用料」があります。

楽天ポイント

楽天会員に付与されるポイントです。このポイントの還元率の高さが、楽天がユーザーの囲い込みに成功している一因となっています。
出店者はこのポイント原資を1%分負担する形で利用料を支払うことになります。

取引の安全性・利便性向上のためのシステム利用料

モール型ECでは、システムのアップデートなどはすべてモール運営者がおこないます。そのため出店者は常に最新かつ安全な環境でショップ運営をおこなうことが可能になるのです。
もちろん、そのサービスを受けるためには費用が発生。月間の売上高の0.1%にあたる金額が請求されます。

楽天スーパーアフィリエイト

アフィリエイト広告の管理も、楽天市場では運営元の楽天が担ってくれます。ショップにとっては人的なコストを抑えながら集客を狙えるサービスです。
アフィリエイトパートナーへの支払いは楽天が代行をしてくれるので、その際の成果報酬と、プラスして楽天への手数料が発生します。

R-Messe(アールメッセ)利用料

R-Messe(旧R-Chat)とは、楽天市場が出店者に提供している顧客とのコミュニケーションツールで、お問い合わせ機能の役割を果たします。
利用料金は月額固定制で、スタンダードプランとメガプランでは月々5,000円、そのほかのプランでは月々3,000円かかります。ユーザーからすると、気になる商品への問い合わせが気軽にできるため、店舗とのコミュニケーションによる購入など、購入率が改善されたという事例も多く出ています。

楽天ペイ(楽天市場決済)の利用料

​​2019年10月の税制改正と、それに伴うポイント還元キャンペーンで一気に消費者に浸透したキャッシュレス決済。楽天でも独自のサービスを導入しており、それがこの楽天ペイです。

一部出店プランでは使えないのですが、楽天ペイを導入すると顧客のユーザビリティがあがる・決済関連業務の負担が軽減するなどのメリットがあります。
利用料金は月間決済高と平均決済単価により変動しますが、2.5~3.5%程度です。

オプションサービス利用料

その他にもR-SNS、R-Mail、海外販売サービスなど店舗運営をさらに効率化する様々なオプションサービスがあり、それぞれに利用料が発生します。

楽天市場で出店までの流れ

楽天市場で出店までの流れ

①出店の申し込み

楽天サイトの「出店申込」から申請を行います。
ここでは書類審査を受けます。

②RMSアカウントを開設し、ショップを作成する

店舗運営システムRMSを利用して、楽天市場に店舗を作り、決済・配送の準備を整えます。

③開店前審査を受ける

開店の準備が整い次第、開店前審査を受けます。

開店前審査を通過するとネットショップ開店となります。

出店審査について

楽天市場の開店前審査にあたっては、以下の提出書類が必要です。

  • 出店申込書
  • 審査書類

出店申込書及び審査書類はまずWEBで入力し、最終的にはいずれも原本で提出します

その他にも以下の書類が必要です。

  • 取扱予定商材の販売にあたって必要な営業許可・資格等の書類(古物取扱、酒類販売、食品営業、医薬品販売等)
  • 登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
  • 商材の写真
  • 住民票・印鑑証明書(共に契約開始日より3ヶ月以内に発行されたもの)※個人事業主のみ
  • 実店舗の写真※個人事業主のみ

まとめ

いかがだったでしょうか。本記事では楽天市場で発生する手数料や出店方法についてご紹介致しました。
楽天市場は、他モールに比べて料金が高い傾向にあります。しかし、自社ECショップの売上規模や販売方法によっては、とても大きな売上を上げることが可能です。
プランを決める際には、入念に料金を確認して利用することをおすすめします。

また、楽天市場に出店をするまでには、複雑なステップを踏まなければなりません。しかし一度出店できてしまえば、大手ECサイトだからこその集客力や、RMSサービスなどを利用することで十分な売上を見込むことのできるサービスです。

公式LINEでお得な情報配信中!

ECのウンエイ LINE公式アカウントでは友だち申請募集中!! LINE公式アカウント限定で、ECサイトの運営に役立つコンテンツを提供しています。 また、LINEからのお問い合せも承っています。 友だち申請よろしくおねがいします!!