読む人も、書く人も、
すべてを考え抜いたデザイン。
真の使いやすさを追求したWPテーマ『JIN』
ECシステム

ECサイト構築の6つの方法|メリット・費用目安やサービスの選び方も解説

自社サイトなどにオンライン販売システムとなるECサイト構築する際、方法として、ASP・オープンソース・パッケージ・クラウドサービス・フルスクラッチ・SNSの6つが挙げられます。

この記事では、ECサイトの構築を検討している人に向け、各構築方法の特徴やメリット・デメリット、費用目安などを紹介しています。また、個人事業者や企業の規模によってどのような方法を選ぶべきか、ECサイト構築のためのサービスの選び方、構築手順についても解説しています。ぜひ自社の販路拡大や売り上げ向上に役立ててください。

ECサイトを構築する方法

ECサイトを構築するには以下の6つの方法があります。それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説します。

ASP(無料/有料)

ASP(Application Service Provider:アプリケーション・サービス・プロバイダ)とは、Webアプリケーションとして提供されるソフトウェアやサービスのことです。また、ASPを提供している業者を指すこともあります。

ASPは運用やセキュリティ管理を業者が行うため、知識や経験がない企業でもECサイトを簡単に構築しやすいのが特徴です。無料のASP以外に有料のものもありますが、他の方法に比べて低コストであることが一般的です。

しかし、自社向けのカスタマイズは基本的にはできません。また、顧客情報が業者に渡ってしまうため、自社の顧客管理システムを別に用意して連携する必要があります。

オープンソース

オープンソースとは、ECサイト構築用に無料で公開されているソースコードのことです。有志の参加者によってさまざまなプラグインも提供されているため、技術があればほとんどの仕様を満たせるでしょう。

ただし、すべては自己責任のため、動作不具合やセキュリティ問題などが発生したときは自社で対応しなければなりません。また、自社内にサーバーを設置するかレンタルサーバーを用意して管理・運用する必要があります。

パッケージ

パッケージとは、専門業者が提供しているECサイト構築用のソフトウェアを購入する方法です。提供されているパッケージによって内容は違いますが、導入支援や運営管理のサポート、メンテナンスサービスなども提供しているのが一般的です。そのため、自社に技術力がなくてもECサイトを構築できます。

しかし、その分導入費用やランニングコストが高くなってしまうのがデメリットです。

クラウドサービス

クラウドサービスは、表面的にはASPと似ていますが、インターネット上にある業者のシステム内でほとんどの処理が行われるのが特徴です。したがって、自社にサーバーは不要で、ソフトウェアも最小限しかインストールしません。月額使用料を支払う形式で提供されるため、初期費用を低く抑えられるのもメリットです。

一方、細かなカスタマイズはできないため、自社にあったクラウドサービスを見極めて導入する必要があります。また、ASPに比べてランニングコスト(月額利用料など)が高いのが一般的です。

フルスクラッチ

フルスクラッチとは、ECサイト構築用のシステムをゼロから開発することです。主に大企業のECサイト構築などで用いられる方法で、独自の画面仕様や機能、高いセキュリティなどを実現できるのがメリットです。

しかし、自社に高い技術を持ったエンジニアがいなければECサイトの構築はできません。また、運用管理も自社で行うため、ランニングコストがかさむこともあります。開発に時間がかかることと独自に作る部分が多いことから、短期間でシステムが古くなりやすいのもデメリットです。

SNS(Facebook・Instagram)

Facebookには「Facebookショップ」というFacebook・Instagramのサイト内にオンラインショップを開設できる機能があります。テンプレートに従って商品を配置したり、背景色を設定できたりします。おおまかには、楽天市場のショッピングモールよりも手軽に構築ができ、Amazonよりも自社スペースが明確に確保されている方法といえるでしょう。

ただし、日本ではサイト内での購入はできず、外部サイトに遷移させる方法がとられています。2020年からサービス提供が始まりましたが、まだ不確定要素が多い点がデメリットです。

ECサイトの構築方法はどれを選ぶべき?

どのECサイト構築方法が適しているかは一概にはいえませんが、事業規模を目安にするのも一つの方法です。個人事業者の場合と企業の場合をそれぞれ紹介します。

個人の場合

個人事業者がECサイトを構築する場合は、ECサイトの制作費用がかからないことから、無料ASPがおすすめです。また、無料ASPは知識や経験がない人でも簡単に使えるように考えられて提供されています。予算や準備期間に余裕がない場合は、無料ASPを検討してみてはいかがでしょうか。

企業の場合

企業の場合は事業規模によって異なります。規模が小さい場合は、有料ASPやオープンソースが適しています。これらはWebマーケティングの標準的な機能がほぼ用意されており使いやすいのが特徴です。カスタマイズしたい場合はオープンソースのほうが柔軟に対応できます。

事業規模が大きい場合は、パッケージかクラウドサービスが一般的です。パッケージは自社サーバーを設置して多くの注文件数に対応できます。ただし、注文から発送までスムーズに連携させたい場合はクラウドサービスも検討しましょう。さらに大規模になればフルスクラッチも検討対象です。

ECサイト構築に利用するサービスの選び方

ここでは、ECサイト構築に利用するサービスの選び方を紹介します。

コスト(初期費用・ランニングコスト)

コストは最重要の検討項目です。初期費用のほか、ランニングコストがどれくらいかかるのか、サービスを比較しましょう。無料ASPやSNSの場合、手数料についても調べておくことが重要です。

機能・カスタマイズの自由度

フロントエンドでは商品情報の配置やデザインの自由度、カートやレコメンド機能などを利用者側の立場から検討していきます。バックエンドとは顧客管理や発送システムとの連動部分です。事業規模が大きいほど業務効率に影響するため、十分な機能があるか、カスタマイズ可能かなどを調べておきましょう。

セキュリティ対策

セキュリティ対策として具体的にどのようなことを行っていくかを決め、その条件を満たすサービスを選びます。自社の技術力不足やセキュリティが不十分な業者のサービスを利用したことが原因で、個人情報が漏えいする事件が発生しています。自社の人材やサービスの信頼性を検討したうえでサービスを選びましょう。

導入実績

業者選びの大きな目安となるのは導入実績です。どのような業界・業種のECサイトを構築した実績があるか、業者のWebサイトなどで確認しておきましょう。

サポート体制

サポート体制についてもチェックしておきます。自社に人材がいない場合は、導入支援や運営管理サービスなどの有無も検討項目です。また、人的リソース(1人あたりがサポートしているサイトや企業の数など)の状況も問い合わせておきましょう。

ECサイトを構築する手順

ここでは、ECサイト構築の手順を計画から運用までの流れに沿って解説します。

構築したいサイトのイメージを具体的にする

「どんなECサイトを作りたいのか」というイメージを具体的にするのが最初のステップです。実現したい項目をまとめた「RFP(提案依頼書)」にあたる文書は、外注でも自社制作でも必要です。実現手段の詳細を詰める必要はありませんが、完成形だけは具体的に決めましょう。

予算・スケジュールを決める

開発企業との商談や自社のミーティングでは、予算・スケジュールを示さなければなりません。初期費用とランニングコストを含めた予算を組み、ECサイト開設時期とそれまでのスケジュールを決めておきます。

構築方法・サービスを選定する

ASPやパッケージなど自社に適した構築方法を決めます。機能やセキュリティ、導入実績などを比較して導入するサービスを検討しましょう。オープンソースやフルスクラッチの場合は人員選定も重要です。

運用のための準備を行う

運用を開始する前には、以下の準備を行います。

・プライバシーポリシー作成

・特定商取引法の表記

・文書フォーマットの作成(問い合わせ応対や注文確認書など)

・データ移行・登録

・社内研修(カスタマーサポートやシステム運用保守など)

「特定商取引法の表記」というページに掲載する項目は多く、どれも重要な内容であるため作成には十分な時間を取りましょう。データ移行や登録も工数がかかりやすいため注意が必要です。

ECサイト構築に必要な費用目安

ECサイト構築にはどれぐらいの費用がかかるのでしょうか。以下に一覧を示します。

構築方法初期費用ランニングコスト (月額)備考
無料ASP0円0円手数料を除く
有料ASP~10万円~10万円 
オープンソース~数百万円  10万円~制作費、人件費を含めた金額
パッケージ数十万~数千万円数万~数百万円 
クラウドサービス300万円~10万円~ 
フルスクラッチ一千万円~数十万円~制作費、人件費を含めた金額
SNS(Facebook・Instagram)0円0円サイト内決済に移行した場合、手数料発生の可能性あり

無料でECサイトを構築する方法はある?

予算が少ない場合は、ECサイト構築の費用をできるだけ少なくしたいものです。ECサイトを無料で構築する方法は以下の4つです。

・無料ASPを使う

・オープンソースで自作する

・WordPressにECサイトプラグイン(無料)を追加する

・Yahoo!ショッピングに出品する

ただし、これらの方法を使っても、レンタルサーバーの月額費用やサービスの決済手数料などが発生します。初期費用がかからなくても完全に無料にはできません。

まとめ

ECサイトの構築方法には、ASP・オープンソース・パッケージ・クラウドサービス・フルスクラッチ・SNSの6つの方法があります。それぞれメリット・デメリットがあり費用も違うため、自社にあった方法を選びましょう。

Crossma(クロスマ)はモール型ECサイトの構築・運営をサポートするシステムを提供しています。EC事業を徹底サポートする画期的な一元管理システムにより、業務効率化と回転率向上を実現してキャッシュフローをより良くします。Yahoo!ショッピングやau PAYマーケット(旧:Wowma!)、楽天市場など複数のモールに一括対応できるのも大きな特徴です。

詳しい資料を無料配布しているため、ぜひダウンロードしてご活用ください。

お問い合わせ・資料DLはこちら