読む人も、書く人も、
すべてを考え抜いたデザイン。
真の使いやすさを追求したWPテーマ『JIN』
ECシステム

売れる商品ページに必要な要素とは?作り方のポイントや成功例を紹介

ネットショップで商品を売るためには、商品ページを工夫することが重要になります。この記事では、現在ネットショップを出店し売上を伸ばしたいと考えている人に向けて、商品ページに必要な要素について解説します。商品ページの作り方のポイントや成功例も紹介するため、売れる商品ページの作成にぜひ役立ててください。

売れる商品ページとは?

売れる商品ページには「第一印象がよい」「スムーズに行動しやすい」といった特徴があります。ここでは、売れる商品ページの基本的な概要について解説します。

第一印象の好感度が高い

ネットショップに対する第一印象がよければ、ユーザーは「もっと見たい」と思います。その場合、さらに複数のページを回遊してさまざまな商品の購入を検討する可能性が高まります。人によって好みや感じ方は異なるため、ネットショップのターゲットにとって好感を持ちやすい内容にすることが大切です。

ユーザーがスムーズに行動できる

ユーザーに積極的な行動をとってもらうには、ネットショップをわかりやすくデザインする必要があります。ここでいう「行動」とは、多くのページを回遊してもらったり、商品を購入してもらったりすることです。例えば、関連商品へのリンクや「購入する」のボタンをひと目でわかりやすくしておくと効果的です。

商品ページに必要な要素

売れる商品ページには様々な要素が含まれています。ここでは、商品ページに必要な要素について解説します。

商品名

ユーザーは欲しい商品を検索して見つけようとする場合も多いです。検索で商品をヒットさせるには、商品名とともにブランド名もしっかり記載しましょう。また、独自のキャッチコピーをつけるとよりユーザーの目を引きやすくなります。ただし、商品名として登録した内容は納品書にも掲載されるため、わかりやすい内容にすることも大切です。

商品画像

ネットショップでは、ユーザーが商品を手に取れるわけではありません。ユーザーにとって、商品画像は購入するかどうかを決めるための重要な要素です。そのため、商品の特徴がきちんと伝わる画像を選び、具体的にイメージできるようにしましょう。画像は1枚だけでなく複数枚用意し、様々な角度から見た様子や細かい部分についてもわかりやすくしましょう。

商品説明

商品説明では、商品の特徴をテキストでわかりやすくまとめましょう。メーカーが提供している基本的な情報だけでなく、具体的な活用方法や実際に使ってみてどう感じたかを添えるとユーザーの興味を引きやすくなります。また、その商品の人気度を示す場合は、根拠も添えると効果的です。例えば、ランキングの順位や販売数などの数字を上げると説得力が増します。

価格

ユーザーは価格を見て、商品を購入するかどうかの最終決定を行います。ネットショップのデザインを変更できる場合、価格を大きめに表示したほうがユーザーにとって確認しやすくなります。割引するときは、値引き後の価格を表示するだけでなく割引の理由も記載しましょう。なぜなら、割引の理由がわからないとユーザーは商品に対して不安を感じ、購入を躊躇する可能性があるからです。

商品レビュー

ネットショップを利用するユーザーは、商品のレビューを見てから購入を判断する場合も多いです。ユーザーが商品に興味を持っていても、レビューがないと購入に至らないケースもあります。

商品ページを充実させるには、レビューを集めるための仕組みづくりも必要です。例えば、過去の購入者へメールを送って依頼する、特典を用意するなど、レビューを集めるための工夫をしましょう。

会社情報

商品を購入してもらうには、ユーザーから信頼を得ることも大切です。そのためには、ネットショップの運営元に関する情報をきちんと示す必要があります。ネットショップには特定商取引法に基づく表記やプライバシーポリシーも掲載する必要があるため、会社情報とともに明確に記載しておきましょう。

売れる商品ページを作るために押さえたい7つのポイント

ここでは、売れる商品ページを作るために押さえたい7つのポイントを解説します。実際に売れる商品ページを作るときの参考にしてください。

ファーストビューに伝えたいことを盛り込む

ページを開いたときにスクロールしなくても見える部分をファーストビューと呼びます。ユーザーは商品ページの上から下まで全てを見ているわけではなく、ファーストビューで得られた情報をもとに取捨選択している場合がほとんどです。

ファーストビューを見てさらにスクロールするのはユーザーの20%であり、残りの80%はファーストビューだけでページを離れてしまうともいわれています。商品を購入してもらうには、ファーストビューの中で商品の魅力をアピールする必要があります。

わかりやすいキャッチコピーをつける

商品ごとにオリジナルのキャッチコピーをつけると、商品の魅力をひと目で伝えられます。キャッチコピーをファーストビューに盛り込んで注目を集められれば、商品ページをスクロールしてじっくり見てもらえる可能性も高まります。

キャッチコピーを作る際は、ターゲットを明確にすることが大切です。誰にどのような特徴をアピールしたいか意識しておくと、効果的なキャッチコピーを作りやすくなります。

魅力的な商品画像を掲載する

ユーザーが商品を購入するかどうかは、商品画像の質によって左右されます。単に商品そのものを撮影するだけでなく、様々な工夫を取り入れて撮影しましょう。例えば、人が商品を実際に使用している姿を掲載すれば、ユーザーはよりイメージしやすくなります。商品をたくさん売るためには、費用や時間をかけてでもこだわった商品ページを作ることをおすすめします。

明確なベネフィットを伝える

商品ページでは、商品から得られるメリットのベネフィットもしっかり伝えましょう。商品を購入したユーザーはどのような体験ができ、どういった感覚になれるのか明確に伝えることが大切です。

なお、競合となるネットショップが自社と同じ商品を扱っているなら、商品そのものではなく自社ならではのベネフィットを伝えるのも効果的です。例えば、「送料無料」や「即日配達」など、ユーザーが喜ぶ内容をアピールしましょう。

顧客が知りたい情報を伝える

商品ページには、商品のアピールポイントだけを盛り込みがちです。しかし、ユーザーはアピールポイント以外にも、様々なことを知りたいと思っています。例えば、耐久性やメンテナンスサービスの有無など、ユーザーにとって気になる情報は多岐にわたります。ユーザーが知りたいであろう情報を網羅し、なるべくわかりやすく伝えることが大切です。

デメリットがあっても隠すのではなく、それをカバーするメリットとともに記載しましょう。

他の商品もおすすめする

商品ページの中で他の商品もおすすめすると、同時に複数の商品を購入してもらえる可能性が出てきます。ユーザー1人あたりの購入単価が上がれば、ネットショップ全体の売上の上昇も期待できるでしょう。おすすめする商品は、ユーザーが興味を持ちやすいものをピックアップすることが大切です。

例えば、関連商品や同時に購入する人が多い商品を表示させると、同時に購入してもらえる確率を高められます。

スマホでも見やすい配置にする

最近はスマホを経由してネットショップで買い物をする人が多いため、ネットショップのデザインは、スマホでも見やすいように調整する必要があります。パソコンとは違ってスマホにはカーソルがないため、「購入ボタン」は目で見てすぐにわかるデザインにしましょう。

また、スマホでスムーズに表示させるためには、商品ページを軽くしておくことも重要なポイントです。ユーザーの立場に立ち、利用しやすい環境を整えてください。

効果的な商品ページから売上に結びついている成功例

ここでは、効果的な商品ページから売上に結びついている成功例を紹介します。アパレル、バッグメーカー、食品販売など幅広いネットショップを取り上げました。

COHINA

小柄な女性向けのアパレル商品を販売するネットショップです。商品ページでは、実際に着用したときに感じられるポイントがわかりやすく記載されています。説明文が機械的な内容ではなく、それぞれの商品について細かく丁寧に解説されているのが特徴的です。実際に着用している写真も多く、ユーザーが商品についてイメージしやすくなっています。

T2O ONLINE STORE

バッグメーカーが直営しているネットショップです。商品ページでは商品の画像がたくさん掲載されており、バッグの細部まで確認できるようになっています。バッグに物を入れたときの様子や、実際に身につけて使用している様子も掲載されているため、ユーザーは自分のニーズに合う商品を見つけやすくなっています。

KIT

ヨガウェアを販売しているネットショップです。商品の特徴がアイコンで示されており、ひと目でどのようなウェアか把握できるようにしています。商品説明のテキストでは単に素材の質を説明するだけでなく、具体的なベネフィットが示されています。また、ウェアの特徴を箇条書きでまとめており、ユーザーが知りたい内容をすぐに把握できるところも工夫されているポイントです。

相馬のおんちゃま

福島県相馬市で獲れた海鮮や鮮魚などを販売するネットショップです。商品ページでは加工済みの食材だけでなく、加工している途中の写真も盛り込まれているのが大きな特徴です。食品を購入する際は安全性が気になりますが、加工の様子を掲載することでユーザーに安心感を与えています。また、テキストでも商品の魅力が簡潔にまとめられており、購入へ上手く誘導しています。

WHOLE MEAT

スーパーでは手に入りにくい厚切り肉や加工肉を販売しているネットショップです。商品画像はパッケージのまま撮影するのではなく、火を通して最も美味しく見える状態で撮影しています。また、商品説明は口コミのようなフランクな言い回しで書かれており、ユーザーが親しみやすいように工夫されています。

まとめ

ネットショップで商品を上手に売るには、商品ページのデザインや盛り込む内容の工夫が大切です。売上アップを目指すなら、EC事業を徹底的にサポートする一元管理システムの活用も効果的でしょう。

公式LINEでお得な情報配信中!

ECのウンエイ LINE公式アカウントでは友だち申請募集中!! LINE公式アカウント限定で、ECサイトの運営に役立つコンテンツを提供しています。 また、LINEからのお問い合せも承っています。 友だち申請よろしくおねがいします!!