読む人も、書く人も、
すべてを考え抜いたデザイン。
真の使いやすさを追求したWPテーマ『JIN』
ビジネス

在庫管理システムは導入するべき?選び方やおすすめのシステム8選を紹介

物販事業を展開するうえで、在庫管理は欠かせないポイントとなります。この記事では、ネットショップを多店舗展開しようとしている人やすでにしている人へ向けて、在庫管理システムについて詳しく解説します。自分にあった在庫管理システムを見極めて適切に導入することで、業務効率も大幅に向上させられるのではないでしょうか。

そもそも在庫管理とは

在庫管理とは、商品自体や商品に関連する情報を管理することです。商品の在庫状況を把握し、在庫の数量を調節したり、受注を受けてからすばやく発送したりするために行います。物販事業において、在庫は現金と同じような価値を持っています。在庫管理を適切に行えるかどうかによって、売上も大きく左右されるといえるでしょう。

在庫管理業務の内容

在庫管理業務は大きく「入庫」「出庫」「棚卸」という3つの業務に分けられます。まず、入庫業務で行うのは商品の受け取りや検品、検品した商品の保管、データ管理などです。次に、受注を受けてから行う出庫業務では、商品を探して状態を確認し、梱包してから発送します。発送後は在庫データの管理も行わなくてはなりません。

最後に、棚卸業務ではデータと在庫の数量があっているかどうかを適宜確認します。

在庫管理システムとは

在庫管理システムとは、その名のとおり在庫の情報を管理するためのシステムのことです。システムに頼ることでヒューマンエラーが防げるようになり、在庫管理の作業効率向上を図れます。

なお、在庫管理ができるシステムがすべて在庫管理システムに当てはまるわけではありません。生産管理システムや販売管理システムといった包括的なシステムでも在庫管理は可能ですが、基本的に「在庫管理システム」と呼ばれるものは在庫管理に特化して情報を処理します。

在庫管理システムの主な機能

在庫管理システムでは、在庫管理に役立つさまざまな機能を活用できます。なかでも、代表的な機能といえるのが入出庫管理機能です。入出庫管理機能を使えば、現在の在庫状況や、今後の入出庫予定などを確かめられます。在庫をどこに保管したのかわからなくなったときも、検索機能で商品を調べれば場所を特定できます。

そのほか、返品対応機能や棚卸機能、ほかのシステムとの連携機能なども便利に使えます。顧客から返品されたものはほかの商品とは区別して管理する必要がありますが、システムがすべて管理してくれれば煩雑な作業も不要となります。

在庫管理システムを導入するメリット

ここからは、物販事業において在庫管理システムを導入する3つのメリットについて解説します。

作業の効率化が図れる

在庫管理システムを導入すれば在庫管理の手間が省けるため、作業の効率化が図れるようになります。在庫の数が増えれば増えるほど、人の手ですべてを管理するのは難しくなります。作業が煩雑になることで在庫管理上のミスも多くなるでしょう。システムの導入によってキャッシュフローが改善し、ヒューマンエラーも防げるようになるのです。

コストを削減できる

在庫管理システムの大きなメリットは作業の効率化が図れることですが、それにともなってコストの削減という別のメリットが生まれます。システムの導入で作業が効率的に行われるようになり、人件費が抑えられてコスト削減につながります。

リアルタイムでデータを管理できる

在庫理システムでは、在庫が変動するたびにデータが即座にシステムへ反映されます。在庫情報がリアルタイムで更新され、常に正確な数字を確かめられることから、仕入れ計画の精度も高まります。

在庫管理システムを導入するデメリット

在庫管理システムには注意が必要なデメリットもいくつかあります。ここでは、在庫管理システムを導入するデメリットについて解説します。

システムに慣れる必要がある

従来は人間が管理していた在庫をシステムで管理する場合、作業手順の見直しが求められます。システム導入にあたって業務フローを見直す必要があり、従業員の再教育が必要になる点はデメリットのひとつだといえます。

システム障害が起こる恐れがある

在庫管理システムでは、システム障害や従業員のミスなどでシステムが作動しなくなる場合があります。在庫管理ができなくなり、業務全体に支障をきたす恐れがあるため、定期的なバックアップなどで対策を講じておかなくてはなりません。

在庫管理システムを選ぶときのポイント

ここからは、在庫管理システムを選ぶときの2つのポイントについて解説します。

自社に必要な機能を見極める

在庫管理システムには多くの種類があり、システムごとに備わっている機能は異なります。自社が在庫管理システムに求める機能を見極めたうえで、過不足のない機能を備えたシステムを選ぶことが大切です。

サポート体制を確認する

サポート体制が充実しているシステムもあれば、そうでないシステムもあります。サポート体制が充実していれば、トラブルが起きたときも対応してもらえるので安心です。とくに、システムに詳しい社員がいない場合はサポート体制をよく確かめておく必要があります。

在庫管理システムを導入するときの注意点

ここからは、在庫管理システムを導入するときの注意点を2つ紹介します。

費用対効果を考慮する

在庫管理システムを導入するためには、ある程度のコストがかかります。そのため、コストに見合った効果が得られるかどうかを考える必要があります。便利だからとやみくもに導入するのではなく、費用対効果を考慮しながら賢く活用しましょう。

運営ルールを策定する

在庫管理システムはあくまでも人間の手で運営するものです。すべてをシステム任せにすることはできないため、在庫の流れをしっかりと把握したうえで、システム運営のルールを策定することが重要です。

おすすめの在庫管理システム8選

ここからは、物販事業に役立つおすすめの在庫管理システムを8つ厳選して紹介します。

ロジクラ

ロジクラの特徴は、スマートフォンで簡単に在庫管理ができることです。クラウドによる一元管理で運用フローもシンプルになっており、導入コストも低めであるため、初めての在庫管理システムにはうってつけだといえます。

ZAICO(ザイコ)

ZAICOはクラウド型でコストを抑えながら活用できる在庫管理システムです。シンプルな使いやすい機能性が特徴で、バーコードなどをスキャンするだけで在庫管理ができます。会計ソフト「freee」と連携できるのもうれしいポイントです。

flam(フラム)

販売・仕入・在庫の管理機能を兼ね備えた便利なシステムがflamです。サーバーの安定性にも定評があり、事業者ごとのニーズにあわせてカスタマイズが可能なため、必要な機能だけを活用できます。

楽商

楽商は、企業の成長にあわせてカスタマイズできる、中小企業におすすめの在庫管理システムです。今後大きく事業を成長させる予定で、現時点では多機能なシステムを必要としていない場合は楽商を検討すると良いでしょう。

eeeCLOUD(イークラウド)

eeeCLOUDは幅広い業種で活用できる在庫管理システムです。設計がシンプルで使いやすく、遠隔地でもリアルタイムで情報を共有できるユーザビリティの高さが特徴です。

Aladdin Office(アラジンオフィス)

在庫管理を中心としつつ、生産管理などのオプションも付けられる汎用性の高いシステムがAladdin Officeです。業種ごとに適したパッケージを用意しているため、自社にあった形で利用できます。

ストロベリージャム

ストロベリージャムはアパレル向けの在庫管理システムです。在庫管理だけでなく、営業の販促もできる点でほかのシステムとは一線を画しています。アパレル系のネットショップを運営する場合は導入を検討してみてください。

HARU(ハル)

HARUは無在庫販売をサポートしてくれるツールです。無在庫販売では仕入れ先から直接顧客へ商品を発送することになりますが、HARUは仕入れ先の在庫状況を自動で調べてくれるため、手間がかかりません。

まとめ

在庫管理システムは物販事業の作業効率を大幅に向上させてくれる便利なツールです。在庫管理の煩雑な作業から解放されたい場合は、システムの導入を検討しましょう。また、物販事業を徹底的にサポートしてくれる一元管理システムを導入するのもおすすめです。

Crossma(クロスマ)は画期的な一元管理システムで、出品から出荷完了まで、すべての業務に対応しています。面倒な作業時間を減らして回転率を上げることができ、Yahoo!ショッピングやau PAY マーケット(旧:Wowma!)、楽天市場の各モールにも対応しています。詳しい資料を無料で配布しているため、興味がある人は問い合わせてみてください。

クロスマお問い合わせ・資料DLはこちら