読む人も、書く人も、
すべてを考え抜いたデザイン。
真の使いやすさを追求したWPテーマ『JIN』
ライブコマース

中国で注目されるライブコマースとは?ライブ配信の魅力やデメリットを徹底解説

ライブコマースとはEコマースとライブ配信を組みあわせた販売形態です。この記事では、ライブコマースに興味を持っている人に向けて、ライブコマースとは何なのか、利用するメリット・デメリットなどを解説します。この記事を読んで、自社でライブコマースを利用すべきかどうかの検討に役立ててください。

中国で人気のライブコマースってなに?

ライブコマースとは、インターネットを介して商品やサービスを販売するEコマースとライブ配信を融合させた販売形態です。ライブコマースは、自社のECサイトに専用のプラットフォームなどを用意して行います。オンラインでの販売という点ではEコマースと同様ですが、ライブ形式でユーザーに対して接客を行うことが特徴です。

動画閲覧から購入までの導線がスムーズ

ライブコマースでは、商品購入までの導線がスムーズという特徴があります。ライブ配信中にユーザーを商品詳細ページなどに簡単に誘導できるため、Webサイトを訪問するハードルを下げられます。

また、ライブコマースではライブ配信で紹介している商品ページへそのままアクセス可能です。閲覧したいページにたどり着くまでに手間がかかるということがなく、ユーザーがWebサイト内を回遊せずに済むため、離脱を防ぐ効果も期待できます。

消費者がその場で疑問を解決できる

ライブコマースの大きな特徴は、通常のECサイトなどとは異なり商品を映像で紹介できることです。そのため、商品の素材感や色味、実際のサイズ感といったECサイトでは確認しにくい部分でも動画を通じてチェックできます。

また、ライブ配信は双方向のコミュニケーションにも利用可能です。商品に関する疑問や質問といったコメントを募集して回答できます。そのため、ユーザーの疑問をその場で解決でき購買意欲を高められる可能性があります。

日本でライブコマースが注目される理由とは?

海外だけでなく、日本でもライブコマースへの注目が集まっています。ライブコマースが注目される理由としては、「海外での成功」「ライブ配信自体への注目」「ライブの臨場感」の3つが挙げられます。

海外ですでに成功事例があるから

中国ではすでにライブコマースが広く普及しており、多くの人が利用するなど大成功をおさめています。ライブコマースによって億単位の収入を得ているといった事例もあり、日本でも大きなビジネスチャンスがあると期待されています。

また、海外での成功事例があるため、日本でのビジネスでも参考にしやすいです。

ライブ配信自体が注目されているから

そもそも、ライブ配信自体の注目が大きくなっていることも理由の1つです。FacebookやInstagramといった大手SNSにも動画機能が追加されており、ライブ配信や動画配信などがトレンドといっても良いでしょう。

ライブ配信の需要が高まっているため、すでに動画配信の環境を整えている企業も多く、ライブ配信を取り入れやすくなっています。

ライブの臨場感がユーザーに受け入れられやすいから

ライブコマースでは、通常のECサイトでは味わえない臨場感があります。商品を手に取って紹介したり、実際に使う様子を消費者に見せたりできます。

また、リアルタイムでのコミュニケーションが取れるため、質問にすぐに答えたり、コメントしてくれた人の名前を呼んだりなど、ユーザーに対してドキドキ感を与えられることが特徴です。

日本におけるライブコマースの認知率はどれくらい?

海外では大きな広がりをみせており、広く普及しているライブコマースですが、日本ではどの程度の認知度なのでしょうか。

ライブコマースは日本でも2017年ごろから徐々に利用されはじめ、広がりつつあります。

2018年にマクロミルが行った調査によると、ライブコマースの認知度は約30%です。10代の認知度が約40%であるのに対し、40代は約21%と若い世代ほど認知度が高い傾向にあります。認知されつつあるとはいえ、十分に広がっているとは言い難いでしょう。

ライブコマースを導入するメリット

ライブコマースでは、購入までの導線がスムーズでユーザーを購入まで導きやすくなっています。商品詳細ページや購入ページにすぐにアクセスでき、数タップで購入まで完了するため購買意欲が削がれにくいです。

ユーザーからの質問にリアルタイムで対応できることもメリットです。双方向でコミュニケーションが取れるため、オンラインでありながら実店舗での買い物のような体験を提供できます。また、文字ではわかりにくい商品の特徴や魅力を映像で伝えられるのもポイントです。

ライブコマースの集客は、オンラインで行わなければいけません。ライブ配信してもユーザーが視聴してもらえなければ意味がないため、有名人やインフルエンサーなどを起用したり、WebサイトやSNSで告知したりなど、集客の工夫が必要です。

ライブコマースを導入するデメリット

また、インターネットを介しての配信であるため、サーバーの状態に左右されやすいこともデメリットです。多くのユーザーが集まることでサーバーが重くなって画像が止まったり、音声が途切れたりするなど、スムーズな配信ができないケースもあります。

ライブコマースを行う前の準備とは?

ライブコマースを行う場合には、事前準備が重要です。ライブコマースにはどのような準備が必要になるのか解説します。

販売する商品を決定する

ライブコマースで販売する商品を決めましょう。例えば、ECサイトで販売している商品と同じものを売るのか、もしくはECサイトとは別にライブコマース専用の商品を用意するのかなど、具体的に検討する必要があります。文字では魅力が伝えにくい商品や配信を通して魅力を伝えたい商品などは、ライブコマースに向いています。

ライブに出演する人を選ぶ

ライブ配信に出演する人の選定も重要です。商品の開発者や広報担当といった商品への理解が深い自社の社員から出演者を選ぶのも1つの方法です。

しかし、注目度や認知度の高いインフルエンサーや有名人を起用する方法もあります。この場合は、商品の魅力をきちんと伝えるために、あらかじめ台本を作成して打ち合わせを行うと良いでしょう。

適切な配信頻度を考える

どのくらい配信するかを検討しましょう。配信頻度としては、一般的に週に1回程度を目安にしている企業が多いようです。頻度が多すぎればユーザーに飽きられてる可能性があります。反対に、少なすぎれば物足りなさを感じさせるため、適切な頻度に設定しましょう。

また、配信時間についても検討します。配信時間が長すぎるとユーザーが飽きて離脱しやすくなるため注意が必要です。

配信後:データを元に分析を進める

ライブは、配信して終わりではありません。配信中のコメントや感想、ユーザーからの質問などをしっかりと確認しておきましょう。

また、購入件数や購入された商品なども参考にしながら、ライブ配信にどのような効果があったのかを分析します。問題点や反省点を把握し、次回のライブ配信や新たな商品開発・サービス改善などに活かすことが大切です。

ライブコマースサービスをいくつか紹介

ライブコマースを行おうと思っても、どのサービスを利用すればよいのかわからない人も多いでしょう。ここでは、代表的なライブコマースサービスを3つ紹介します。ライブコマースを導入する際の参考にしてください。

SHOPROOM

「SHOPROOM」は、パソコンとスマホどちらにも対応しているライブコマースサービスです。ライブ配信サービス上からそのまま商品を購入できるため、商品の認知から購入までの導線がスムーズです。

ライブ配信プラットフォームである「SHOWROOM」が運営しているライブコマースで認知度が非常に高く、集客しやすくなっています。

Yahoo!ショッピングLIVE

「Yahoo!ショッピングLIVE」はECサイト大手のYahoo!ショッピングが運営しているライブコマースサービスで、パソコンだけでなくスマホアプリにも対応しています。Yahoo!ショッピングモール自体の認知度が非常に高いため、集客しやすいという特徴があります。

ただし、個人アカウントでの配信はできないため、注意しましょう。

TAGsAPI

「TAGsAPI」は、株式会社Mofflが運営するライブコマースサービスです。ブランド品の販売やブランドのイメージモデルが配信するケースが多いです。

配信サポートが受けられたり自社ECサイトに簡単に導入できたりするため、大手企業にも導入されています。そのため、販売ジャンルやユーザー層が広くさまざまな層に視聴されやすいです。

まとめ

ライブコマースサービスとは、Eコマースと配信ライブを組みあわせた販売形態です。商品やサービスを映像で紹介できる、ユーザーからのコメントに回答するなどコミュニケーションが取りやすいというメリットがあります。

Crossma(クロスマ)では、EC事業を徹底サポートする画期的な一元管理システムを提供しています。Yahoo!ショッピングやau PAY マーケット(旧:Wowma!)、楽天市場の各モールに対応可能です。詳しい資料を無料配布しているため、ECサイトの運営にお悩みならぜひ参考にしてください。

クロスマお問い合わせ・資料DLはこちら

公式LINEでお得な情報配信中!

ECのウンエイ LINE公式アカウントでは友だち申請募集中!! LINE公式アカウント限定で、ECサイトの運営に役立つコンテンツを提供しています。 また、LINEからのお問い合せも承っています。 友だち申請よろしくおねがいします!!