読む人も、書く人も、
すべてを考え抜いたデザイン。
真の使いやすさを追求したWPテーマ『JIN』
ECサイト制作

ECサイトの構築方法とは?選び方や構築手順についても解説

ECサイトの構築方法とは?選び方や構築手順についても解説

ECサイトの構築方法についてお調べですか?本記事では、ECサイトの構築方法やサービス選定の方法などをご紹介します。

「ECサイト構築を検討している」「ECサイト構築の方法がわからない!」という方はぜひご一読ください。

ECサイトの構築方法

ECサイトの構築方法

一概にECサイトを構築すると言っても、方法は様々あります。主な構築方法は以下の通りとなっています。

  • ASP型(無料・有料)
  • オープンソース型
  • パッケージ型
  • フルスクラッチ型

それぞれの方法では、特徴や利用がおすすめな人は異なります。
ここからは、それぞれのECサイト構築方法について詳しく解説します。

ASP型(無料・有料)

ASP型とは、ECサイト構築と運営に必要なシステムをクラウド上でレンタルし、利用できるというものです。比較的簡単にECサイトの構築ができるため、短期間かつ低コストで運営を開始できるのが特徴です。

メリットデメリット
コストを抑えやすい短期間でECサイトの構築が可能カスタマイズ性が低い自由度が低い

オープンソース型

オープンソース型とは、無償で公開されているソースコードで利用して、カートシステムを構築する方法です。無償で公開されているソースコードを使うため、非常に低コストで構築可能ですが、プログラミング技術や十分なセキュリティ対策が必要となります。

メリットデメリット
低コストで構築可能カスタマイズ性が高いプログラミング知識が必要十分なセキュリティ対策が必要サポート体制がない

パッケージ型

パッケージ型とは、あらかじめパッケージ化されたシステムをもとに、顧客に合わせてベンダーがECサイトを個別に構築する方法です。他の方法で比較して、コストが高くなりますが、顧客の要望に合わせて構築してくれるため、リターンが期待できます。

メリットデメリット
カスタマイズ性が高いサポート体制がしっかりしているセキュリティリスクに強いコストが高い

フルスクラッチ型

フルスクラッチ型とは、まっさらな状態からECサイトを構築する方法です。ゼロから構築するため、自由度がとにかく高いことが特徴です。その一方で必要な技術は高く、また運営開始までに時間がかかります。

ゼロから構築しているため、PDCAを比較的速く回せるため、スピード感を持ったEC運営が可能です。

メリットデメリット
カスタマイズ性が高い自由に開発できる高い技術が必要コストと時間がかかる

ECサイト構築までの手順

ECサイト構築までの手順

ECサイトの構築方法がいろいろあるとわかったところで、ここからはECサイトを構築するまでの手順をご紹介します。

ECサイトを構築するためには、実際に構築をする前に決めておかなければならないことがあります。順を追って解説していきます。

構築したいサイトのイメージを具体的にする

まずは、どのようなECサイトを構築したいのかイメージを具体的にすることが大切です。イメージを具体的にするために、以下の観点を考えてみましょう。

  • ECサイトの規模感
  • どのようなEC運営を行うのか
  • ターゲット層

この辺りが明確になると自ずと構築したいECサイトも具体的になってくるはずです。

予算・スケジュールを決める

次にECサイトを構築するための予算やスケジュールを決定します。どれだけコストや時間をかけられるのかによって、構築可能なECサイトは異なるため、構築に入る前には決定しておく必要があります。

構築方法・サービスを比較・選定する

構築したいECサイトのイメージと予算が決定したら、いよいよECサイトの構築方法を検討します。決定したイメージと予算をもとに、以下のポイントを比較していきましょう。

  • コスト
  • 機能面
  • セキュリティ
  • ベンダーのサポート体制

コスト

まずは予算から、ECサイト構築のためのコストを把握する必要があります。
以下はECサイトを構築する際に想定されるコストです。

ECサイト構築方法初期費用継続費用(決済手数料・月額費用など)
ASP型(無料・有料)無料〜低低〜中
オープンソース型
パッケージ型
フルスクラッチ型

フルスクラッチ型を見てみると、初期費用、継続費用の両方が共に高額になっていて、メリットがないように思えます。しかし、その分カスタマイズ性が高かったり、EC運営のPDCAが回しやすかったりとメリットがあります。

機能面

ECサイトを構築するに当たって、どのような機能が必要なのかを考える必要があります。その際に各サービスには、どのようなサービスが標準搭載されているのかを確認が重要です。

各サービスでは、様々な機能がありますが、ASP型よりもパッケージ型の方が機能面は充実しています。また、カスタマイズ性が高い傾向もあるため、自由度の高いEC構築がしたい場合には、後者の方が適しています。

セキュリティ

ECサイト運営において、セキュリティ対策は重要な観点です。ECサイトのデザインには現れない部分ですが、セキュリティについては必ず考えておく必要があります。

近年ではクレジットカード情報漏洩事故なども多数発生しているため、より一層の注意が必要です。このような事故があった場合には、多額の調査費用がかかったり、ECサイトの閉鎖になってしまったりとかなりのリスクがあります。

サービス選定する際には、どのようなセキュリティ対策が行われているのかをシステム面、サポート面などから多角的にチェックしましょう。

ベンダーのサポート体制

ECサイトを運営するにあたり、ベンダーのサポート体制も重要になってきます。売上金額が大きくなるほどベンダーのサポート体制は重要です。

ベンダーはどこまでサポートしてくれるのか、また、ベンダーのリソース状況がどうなのかなども確認しておくと安心です。

ECサイトを構築・運営において、ベンダーとの信頼関係はEC事業の大きな鍵にもなります。

各サービス別のECサイト構築の手順

各サービス別のECサイト構築の手順

ECサイトの方向性や予算、サービス選定が完了したところで、各サービスにおけるECサイト構築手順をご紹介します。

今回は以下の2つに分けて手順を解説します。

  • ASP型
  • オープンソース型・パッケージ型・フルスクラッチ型

ASP型の場合

ASP型でECサイトを構築する場合、以下の手順で行います。

  1. ショップの作成
  2. ECサイト内のデザインを作り込む
  3. 決済関連の申請・設定
  4. 発送関連の設定
  5. 商品登録・管理
  6. 特定商取引法に基づく表示

基本的にはショップ作成から順を追って行なえば、簡単にECサイトの構築が可能です。決済設定には時間がかかる場合もあるため、注意しましょう。

オープンソース型・パッケージ型・フルスクラッチ型の場合

オープンソース型・パッケージ型・フルスクラッチ型でECサイトを構築する場合、以下の手順で行す。ASP型とは異なり、しっかりと要件定義を行なって上で開発が必要となります。

  1. 要件定義
  2. 設計
  3. 開発
  4. テスト
  5. 必要に応じて修正とテストを繰り返す

コストも時間もかかる方法なので、スケジュール作成時には注意が必要です。

とにかくコストを抑えてECサイトを構築するには?

とにかくコストを抑えてECサイトを構築するには?

様々なECサイトの構築方法があり、構築までの手順も把握できたでしょう。ECサイトを構築するにあたり、どうしても気になる部分がコスト面です。ECサイトは完全無料で構築することはできないのでしょうか?

結論から言うと、ECサイトを完全無料で構築することは可能です。

無料ASP型を利用すれば、ECサイトを無料で構築することができるのです。ただし、商品が売れた際には決済手数料が発生するため、ECサイトを構築することのみ無料ということで、運営していくための費用はかかります。

無料ASP型は無料でECサイト構築ができて気軽に始められますが、ドメイン名を自由に選択できなかったり、分析面での機能が十分でなかったりします。まずは、無料ASP型を利用して、ECサイトの成長に合わせて、オプション機能を活用を検討しましょう。

1つ注意点として、無料ASP型でサイト構築をした場合、有料ASP型へ変更する際に同じドメインが使えなくなってしまいます。
無料で始められる無料ASP型は魅力的ですが、ECサイト構築前にそのサイトの将来性についてしっかりと考え、サイト構築の方法を検討するようにしましょう。

【まとめ】自社にあったECサイト構築を行おう

【まとめ】自社にあったECサイト構築を行おう

ECサイトの構築方法は以下の4つとなります。

  • ASP型(無料・有料)
  • オープンソース型
  • パッケージ型
  • フルスクラッチ型

上から順にコストが高くなっていき、それに連動するような形でカスタマイズ性も高くなっていきます。
構築したいECサイトがどのようなもので、どこまでの予算や時間があり、どれだけの機能やカスタマイズ性が必要なのかをしっかりと見極めるようにしましょう。

公式LINEでお得な情報配信中!

ECのウンエイ LINE公式アカウントでは友だち申請募集中!! LINE公式アカウント限定で、ECサイトの運営に役立つコンテンツを提供しています。 また、LINEからのお問い合せも承っています。 友だち申請よろしくおねがいします!!