読む人も、書く人も、
すべてを考え抜いたデザイン。
真の使いやすさを追求したWPテーマ『JIN』
楽天

楽天RMSとは?|4つのメイン機能を使いこなすポイントを解説

楽天RMSとは、店舗ページの構築、受注管理、メール管理、アクセス分析など、楽天市場で店舗を経営するときに便利な機能が備わった店舗管理システムです。この記事では、楽天RMSの機能について、詳しく解説します。楽天市場で効率よく売り上げを上げたい人は、ぜひ参考にしてください。

また、ECモールの出店をお考えの方向けに楽天のメリットを以下の記事にまとめています。

楽天RMSとは

楽天RMSは「Rakuten Merchant Server」の略です。楽天市場での物販に必要なデータの蓄積や分析、商品の出品から発送の管理などを担うツールです。楽天市場でのショップ運営には必須ともいえるでしょう。受注状況や顧客管理のほか、メルマガ発信、ユーザーサポートなどのコミュニケーション機能も備わっています。

特徴

楽天RMSの大きな特徴は、楽天市場での店舗運営に関する機能がほぼすべて備わっていることです。またブラウザ上で操作できるため、新たにソフトウェアをインストールする必要がありません。そのため楽天RMS専用の端末は不要で、端末の制限なく利用できます。

主な機能

楽天RMSは、店舗構築(R-Storefront)、受注管理(R-Backoffice)、データ分析(R-Karte)、メール配信(R-Mail)の4つの機能がメインです。それぞれの機能については、後ほど詳しく解説します。

楽天RMS利用時の注意点

楽天RMSは、楽天店舗経営者にとって必須のツールですが、使用にはいくつかの注意点があります。

独自の機能が多い

楽天RMSは、登録する前に機能の全容を把握することはできません。また、楽天市場での店舗経営に特化しているため、楽天独自の機能もあります。ほかのモールでもインターネット通販を経営している場合、楽天RMSとは別の管理システムが必要になるかもしれません。

一括管理できるシステムがおすすめ

楽天市場以外のモールでも出品している場合は、複数のモールを一括で管理できるツールが便利でしょう。たとえば、「Crossma(クロスマ)」であれば、複数の店舗の出品から出荷まで、オールインワンで管理ができます。同じ商品を複数の媒体で販売しているときの在庫管理や、価格操作などを一元管理することで、手間も時間も節約できます。

楽天RMSの機能①店舗構築(R-Storefront)

店舗構築とは、店頭ページを作るための機能です。ページのレイアウト、商品のカテゴリーページ、目玉商品や価格の設定などを管理します。テンプレートも用意されているため、専門的な知識がなくても作成ができます。

商品登録・更新

商品の新規登録、変更、在庫管理、カテゴリー管理などを行えます。CSVの利用で、複数の商品を一括して登録や編集することもできます。楽天スーパーSALEやスーパーDEALなどのイベントに参加するときの申請も、こちらから行います。

デザイン設定

ヘッダーやフッター、レフトナビ、看板などのデザインの設定ができます。パソコン版、スマートフォン版と分けて設定することも可能です。インターネット通販では、パソコンよりもスマートフォンからのアクセスが多いとされているため、スマートフォン版のデザインに力を入れましょう。

画像・動画登録

店舗デザインや商品説明で使用した画像や動画を、一括で管理します。動画の登録は不要と考える人もいますが、ネットショッピングにおいて動画は重要です。商品に対する信頼度が高まり、楽天市場での検索順位も上がるとされています。

基本情報設定

顧客に知らせておきたい店舗の基本情報を設定できます。会社の概要、配送日時や送料、決算方法の種類などは、顧客が疑問を抱きやすい情報であるため、正確に記載しましょう。店舗を一時的に休むときには「改装中」にするなど、店舗ステータスの変更も可能です。

海外販売設定

海外向けに商品を販売する場合は、英語商品名の登録もできます。海外発送が可能な商品を個別に設定し、発送できる国を決めておいたり、1点だけ海外発送ができるようにしたりといった設定も可能です。

クーポン設定

楽天市場には、配布型クーポンとサンキュークーポンの2種類があり、楽天RMSではそれぞれのクーポンについて個別に設定できます。

配布型クーポン

配布型クーポンとは、ユーザーが購入前に取得できるタイプで、店舗内やメルマガで配布します。値引き額の有効期限も自由に設定可能です。新規顧客を開拓したいときなどに、活用するといいでしょう。

サンキュークーポン

サンキュークーポンは、購入後に自動的に発行できるクーポンです。配布型クーポンと同様に、獲得条件、値引き額、有効期限などを自由に設定できます。このクーポンは、リピート客を獲得する目的で配布します。

楽天RMSの機能②受注管理 (R-Backoffice)

受注管理とは、注文に関する処理に関わる業務です。どの商品に注文が入っているのか、支払いは済んでいるかなどを、一覧で確認できます。

受注・受付管理

新規注文が入っている商品や問い合わせ内容を、データなどで確認可能です。データはExcel形式でもダウンロードできるため、楽天RMS上以外で帳簿を作成する場合にも役立ちます。

決済・口座管理

楽天市場からの入金口座を登録できます。この入金先口座は、あとから変更することも可能です。登録した口座には、商品の決済代金、ポイント清算金などが振り込まれます。このような口座管理も楽天RMSで行えます。

明細管理

明細管理とは、クーポンやポイント関連の管理です。ユーザーが使用したクーポンの金額や、受け取ったポイント額を確認できます。クーポンの使用状況を確認することにより、販売促進の対策が立てやすくなります。

メールテンプレート管理

受注したことを知らせるメールやサンクスメール、発送完了メールなど、ユーザーへ送信するメール内容を自分で編集し、テンプレートとして保存できます。ユーザーが次も利用したいと思える内容に工夫できるため、集客力アップにつながるでしょう。

楽天RMSの機能③データ分析(R-Karte)

楽天RMSの3つめの機能として、売り上げに関するデータを分析する機能があります。今後の店舗運営の方針を決めるための大事な機能です。

店舗チェックシート

店舗チェックシートとは、顧客満足度を視覚的に把握するためのものです。レビュー、クレームの数、キャンセル数などを点数化し、レーダーチャートで表示します。リピーター客を増やすためには、店舗チェックシートを定期的に確認して、改善するようにしましょう。

店舗カルテ

店舗カルテとは、売り上げに関する重要な情報をまとめたものです。新規顧客とリピーターの割合、売れ筋の商品、店舗ページへの訪問経路、商品別の顧客獲得数などを把握できます。ネット通販における売り上げは、「アクセス人数」「転換率」「客単価」を掛けたものです。楽天RMSではそれぞれについて、日付や端末別に把握できるようになっています。

アクセス人数

アクセス人数では、店舗ページへの訪問者数に関するデータを集めています。店舗へのアクセス数だけではなく、商品別、どこから流入したのか、検索キーワードは何かなどの情報もあるため、アクセス人数を増やすための対策がしやすくなります。

転換率

サイトを訪問しても、必ず商品を購入するわけではありません。サイト訪問者の中で、実際に商品を購入した人の割合を転換率といいます。楽天RMSでは、転換率を表示するだけではなく、改善すべき箇所の診断も可能です。

客単価

客単価とは顧客1人あたりの購入額です。類似ジャンルの他店との比較や、前年度の自店舗のデータとの比較ができるため、どのような対策をすれば客単価が上がるのかを、分析しやすくなります。

アクセス分析

店舗への訪問経路を、細かくチェックし分析します。どのようなキーワードで訪問してきたのか、また、店舗全体、カテゴリー別、商品別、時間帯別に分けて訪問者数を計上しています。訪問客の数をアップさせるための対策に役立つでしょう。

売上分析

商品別、時間帯別、性別、属性、楽天市場の利用頻度などに分けて、商品の売り上げをチェックできます。割引商品だけ分けて計上し、セールのときに売り上げが変化するのかなども分析できます。

各種効果測定

メルマガやクーポンなど、販売促進のために行った各種サービスの効果を測定します。どの程度の利用があったのか、使用前と比べて売り上げに変化はあったのかなどをチェックし、運営改善の指標にするといいでしょう。

楽天RMSの機能④メール配信(R-Mail)

顧客とのコミュニケーションには、メール配信が有効です。楽天RMSでは、お役立ち情報の発信、新商品、セール、シークレットセールの案内のほか、実店舗のイベント紹介などをメールで発信できます。購入者へのメールは、週に1通は無料で送信可能です。

メール配信の効果的な使い方

メール配信には、顧客からの信頼を獲得し、購買意欲を刺激する役割があります。週に1回は必ず配信し、購買履歴がある顧客には関連商品の新商品や、シークレットセールを含むセールの案内を行うこともできます。

まとめ

楽天市場でショップを運営している人にとって、楽天RMSは必須のツールです。ただし、楽天市場に特化したツールであるため、他のモールでも販売を行っている場合は、Crossma(クロスマ)をおすすめします。

Crossma(クロスマ)は、AmazonやYahoo!認定のEC事業を徹底的にサポートする画期的な一元管理システムです。従量課金がなく、初月の初期設定費用と月額固定費のシンプルで低価格な料金プランです。24時間クラウド上で業務を自動化して、楽に複数モールの運営を行いましょう。

その他、ECサイトの運用の全体像についてもっと知りたい方は以下の記事で基本事項を網羅的に解説していますので、ぜひご一読ください。

お問い合わせ・資料DL

公式LINEでお得な情報配信中!

ECのウンエイ LINE公式アカウントでは友だち申請募集中!! LINE公式アカウント限定で、ECサイトの運営に役立つコンテンツを提供しています。 また、LINEからのお問い合せも承っています。 友だち申請よろしくおねがいします!!