読む人も、書く人も、
すべてを考え抜いたデザイン。
真の使いやすさを追求したWPテーマ『JIN』
クラウドファンディング

クラウドファンディングの成功例と失敗例から学ぶ、成功のための5つのポイント

クラウドファンディングを成功させるには、様々なことに配慮する必要があります。この記事では、クラウドファンディングの利用を検討している人に向けて、クラウドファンディングの成功例と失敗例について解説します。成功させるためのポイントについても解説するので、プロジェクトを立ち上げる際の参考として役立ててください。

クラウドファンディングを成功させるためには?

クラウドファンディングでは、インターネットを通して誰でも資金を募ることが可能です。しかし、プロジェクトを立ち上げたからといって、誰でも目標金額を達成できるわけではありません。クラウドファンディングを成功させるには、様々な工夫が必要となります。よって、ポイントを押さえたうえで入念に準備することが大切です。

クラウドファンディングを成功させるためのポイントを知るためには、過去の成功例や失敗例を把握する必要があります。どのような事例があるのか、また具体的なポイントを確認しましょう。

クラウドファンディングの成功例

クラウドファンディングの成功例としては、様々なものがあります。どのような場合にも共通しているのは、プロジェクトの魅力をしっかりと伝えたうえで支援者の興味や関心を惹きつけている点です。ここでは、クラウドファンディングの成功例を3つ紹介します。

片渕須直監督による「この世界の片隅に」アニメ映画化

片渕須直監督の「この世界の片隅に」は、2016年11月に公開されたアニメ映画です。クラウドファンディングのプロジェクト開始前から多くのファンがおり、高額な制作費を募ることに成功しています。興行収入が27億円に到達したという点でも話題になりました。

原作漫画の人気が高く、監督の知名度も高かったため、最終的には3,900万円もの支援金が集まりました。映画を成功させたいという監督とプロデューサーの熱意をファンにしっかり伝えられたのも、プロジェクトが成功した理由のひとつです。この事例から、プロジェクトを開始する前からファンがいるとクラウドファンディングを成功させやすいとわかります。

キングコング西野さんの個展「えんとつ街のプペル展」

お笑いコンビのキングコング・西野亮廣さんは繊細なタッチの絵を描いており、個展を開くためにクラウドファンディングを実施しました。個展では絵に描かれている光を実際に光らせる演出をしており、すべての絵を加工するための費用として支援金が募られています。プロジェクトの説明文には個展を無料で開催し、子どもたちに見てほしいという思いも綴られています。

作者の思いと個展のイメージ画像を組み合わせた説明により、支援者の共感を集めました。目標金額は180万円だったにも関わらず、4,600万円以上の支援金が集まっています。クラウドファンディングを成功させるには、この事例のように魅力的なコンテンツが欠かせません。

デンマーク発の世界最小折りたたみイス「Sitpack ZEN XII」

デンマークのデザイン会社が作った「Sitpack ZEN XII」は、世界で最も小さくてコンパクトな折りたたみイスです。このイスを日本国内で販売するためのクラウドファンディングでは、目標金額300万円に対して2,800万円以上の支援金が集まりました。

これほど多くの支援金を集められたのは、商品としての斬新さや利便性が支援者に刺さったからです。面倒な組み立てが必要なく、いつでもどこでもすぐに座れるという手軽さが多くの人の心を惹きつけました。クラウドファンディングでは支援者の反応もわかるので、発売前のマーケティングとしても役立ちます。

クラウドファンディングの失敗例

クラウドファンディングを実施しても、批判を浴びて中止になるケースもあります。ここでは、クラウドファンディングの失敗例とともに、失敗した理由について解説します。

女優・真木よう子の「フォトマガジン」発行

女優の真木よう子さんは、個人でフォトマガジンを発行するためにクラウドファンディングで支援を募りました。このプロジェクトでは、ファンと直接交流するためにコミックマーケットでフォトマガジンを販売したいとの思いが綴られています。

しかし、プロジェクトを見た人からは、わざわざコミックマーケットに出店したり、支援金を募ったりする必要性がわからないという声が寄せられました。結局、真木さんはコミックマーケットのルールやマナーに対する不勉強を認め、プロジェクトの中止や返金に至っています。

クラウドファンディングを実施する際は、様々なところまで確認し、配慮しなければならないことがわかります。

世界一周「夢バトン」プロジェクト

ある女子大生は、スケッチブックを持って世界を回る世界一周「夢バトン」プロジェクトをクラウドファンディングで公開しました。支援者にスケッチブックを送って自分の夢や発展途上国の子どもたちへのメッセージを書いてもらい、女子大生が訪問先で出会った子どもたちにも同様に自分の夢を書いてもらうという企画です。

このプロジェクトでは支援金の内訳の大部分が女子大生の生活費となっていたため、批判の声が上がりました。また、女子大生のFacebookページには、「旅が好きで一生遊んで暮らしたい」といった趣旨の書き込みがあった点も炎上の原因になっています。

クラウドファンディングでは、支援者が納得できるような資金の使い道を示さなければなりません。また、支援者にとって魅力的なリターンも必要です。

クラウドファンディング成功のための5つのポイント

クラウドファンディングを成功させるには、すでに紹介した成功例などを参考にしつつ計画的に準備を進める必要があります。具体的には、どのようなポイントを押さえればいいのでしょうか。ここでは、クラウドファンディングを成功させるためのポイントを5つ解説します。

事業計画の作成と予算の算出

クラウドファンディングで支援金を募るためには、明確な事業計画を作成する必要があります。事業計画がなければ、プロジェクトを実現するためにどれくらいの費用が必要であるか算出できません。例えば、購入型のクラウドファンディングなら、商品の制作費だけでなく、支援者にリターンを届けるための配送料やプロジェクトを宣伝するための広告費などもかかります。

事業計画をもとに必要な費用を算出し、プロジェクトの目標金額を設定しましょう。目標金額の内訳が曖昧だと、支援者から信頼してもらえないため注意が必要です。なお、クラウドファンディングの運営会社に支払う手数料も忘れずに計上しましょう。

魅力的なプロジェクトページの作成

プロジェクトを見た人に支援者になってもらうためには、魅力的なプロジェクトページを作成しておかなければなりません。目を引くタイトルをつけ、詳しい内容を知りたいと思わせることが大切です。

また、プロジェクトの内容をわかりやすく伝え、興味を持ってもらう必要があります。ただし、盛り込む情報量が多すぎれば、途中で読み進める意欲が失せてしまう恐れもあります。支援したいという気持ちを高めて実際に支援者になってもらうためには、プロジェクトページはシンプルにまとめなければなりません。

豊富なリターンの準備

クラウドファンディングで支援が集まるのは、支援者にとって魅力的なリターンが用意されているからです。もちろん、プロジェクトへの共感も重要ですが、豊富なリターンを用意すれば支援者の気持ちをさらに高めることが可能です。

ただし、リターンを用意しても、支援者が欲しいと思うような内容でなければ支援は集まらないため要注意です。支援金額とのバランスも考慮しながら、支援者にとって魅力的なコンテンツを用意しましょう。リターンを用意するには資金が必要なので、目標金額を設定する際に考慮する必要があります。

PR戦略の策定

支援を集めるには、単にクラウドファンディングでプロジェクトを公開するだけでなく、積極的に宣伝する必要があります。魅力的なプロジェクトを公開しても、知られなければ支援者も集まりません。ただし、宣伝はタイミングも重要です。具体的には、プロジェクトを開始する前や公開からすぐのタイミングで宣伝すると効果的です。

クラウドファンディングの場合、プロジェクトを公開してから1週間程度で目標金額の2~3割の支援を集められれば、目標金額を達成できる可能性が高いといわれています。ただし、終了直前のPRも支援者を集める効果が期待できるので、最後まで諦めずに取り組みましょう。

支援者との信頼関係づくり

クラウドファンディングはインターネット上で不特定多数の人から支援を募る方法です。支援者は立案者の状況を把握しにくいため、信頼関係の構築にも力を入れる必要があります。まずは、プロジェクトページで熱意を伝え、支援者から共感を集めることが重要です。

SNSなども活用し、こまめな情報発信も行っていきましょう。継続的にプロジェクトの進捗状況を発信すれば、支援者は安心できます。立案者の姿勢が伝わると、そこからさらに支援の輪が広がる可能性も期待できます。

まとめ

クラウドファンディングは多くの人が挑戦しており、様々な成功例があります。ただし、失敗例も少なくないため、取り組む際は徹底的な準備をすることが大切です。

新しい商品の開発のためにクラウドファンディングを利用した後は、EC販売に取り組むとより多くの顧客に届けられます。EC事業をサポートするための一元管理システムであるCrossma(クロスマ)を使用すれば、EC販売のキャッシュフローの改善につなげることが可能です。Yahoo!ショッピング、au PAY マーケット(旧:au Wowma!)、楽天市場などのオンラインモールにも対応しています。効率的な管理体制を実現するために、ぜひCrossma(クロスマ)をお役立てください。

クロスマお問い合わせ・資料DLはこちら

公式LINEでお得な情報配信中!

ECのウンエイ LINE公式アカウントでは友だち申請募集中!! LINE公式アカウント限定で、ECサイトの運営に役立つコンテンツを提供しています。 また、LINEからのお問い合せも承っています。 友だち申請よろしくおねがいします!!