読む人も、書く人も、
すべてを考え抜いたデザイン。
真の使いやすさを追求したWPテーマ『JIN』
ECモール出店

2種類のECモール(モール型ECサイト)と自社ECサイトの特徴・メリット/デメリット

ECサイトの市場規模は堅調に拡大しています。ECモールとは、多数の企業や個人事業主のECサイトが集まったオンライン上の商業施設です。この記事ではネットショップを多店舗展開しようとしている人、またはしている人に向け、ECモール(モール型ECサイト)と自社ECサイトの種類や特徴、メリット・デメリットなどについて解説しています。ネットショップ経営の参考にしてください。

ECモール(モール型ECサイト)とは?

ECモールとは、企業や個人事業主などが集まっているインターネット上の大規模な商業施設のようなものです。ECモールはモール型ECサイトとも呼ばれています。日本において利用者数が多いECモールは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどです。

ECサイトの種類

ネットショップの経営方法には、大きく分けてECモールと自社ECサイトの2つがあります。それぞれの概要を解説します。

ECモール

ECモールには「マーケットプレイス型ECモール」と「マルチテナント型ECモール」の2種類があります。

マーケットプレイス型ECモール

マーケットプレイス型ECモールとは、モール側がネットショップ全体の商品を管理して、商品を販売するタイプのECショップです。ネットショップ単位のスペースがなく、ECモールが1つの巨大なネットショップであるかのように運営されていることが特徴です。主にAmazonやZOZOTOWNが該当します。

マルチテナント型ECモール

マルチテナント型ECモールとは、ネットショップごとに販売スペースを割り当てているタイプのECショップです。ただし、ECモールのプラットフォームを使うことから、ショップのデザインや機能、商品の分類方法などに一定の制約があります。主に楽天市場やYahoo!ショッピングが該当します。

自社ECサイト

自社ECサイトとは、独自ドメインを取得してネットショップを経営する方法です。主に下記の4つの方法があります。

・パッケージ:ソフトウェアを購入してサイト構築する方法です。難易度は低いものの費用が高く、細かなカスタマイズはできません。

・ASP:既存のシステムを月額制で利用する方法で、現在最も普及している方法です。

・オープンソース:無料公開されているソフトウェアをカスタマイズしてサイト構築する方法です。費用は抑えられますが専門的な知識が必要です。

・フルスクラッチ:一からサイトを構築する方法で主に大企業が採用しています。

ECモールにネットショップを出店するメリット

ここでは、ネットショップ経営者がECモールを利用するメリットを3つ解説します。

ECモール自体の集客力が大きい

自社の営業努力をしなくてもECモール自体に集客力があります。また、検索エンジンにキーワードを入れたときに検索上位に表示されやすいことも特徴です。開店当初で苦労することが多い集客活動の手間とコストを抑えられるのは大きなメリットです。「楽天スーパーSALE」「ポイントアップキャンペーン」など、ECモールが実施するマーケティングの恩恵も受けられます。

購入者からの信頼を得やすい

日本では他の先進国と比べてネットショッピングに抵抗を持つ人は多いといわれており、特に高齢者層でこの傾向は顕著です。ECモールに出店すると、ECモール自体の信頼性や出店基準を満たしていることなどから信頼を得やすいことがメリットです。オンライン決済や個人情報漏えい、商品の質などに不安がある人にも購入してもらいやすくなります。

ショップ出店・運用のハードルが低い

ECモールのプラットフォームでは決済システムやショップデザインのテンプレートなどが提供されています。そのため、ECサイト構築の知識がなくても、比較的簡単に出店、運営が可能です。また、ネットショップへのアクセス解析データやカテゴリー別の売上ランキングなど、Webマーケティングのためのデータやノウハウの一部も提供してもらえます。

ECモールにネットショップを出店するデメリット

ECモールにはメリットだけでなくデメリットもあります。ショップのデザインや費用面などネットショップ経営者が注意しておきたいポイントを解説します。

ショップの個性を出しにくい

既存のプラットフォームやテンプレートを使うために、ショップの個性を出しにくい面があります。特にマーケットプレイス型のECモールでは、オリジナリティの強調やブランディングなどがほとんどできません。ECモールの雰囲気や顧客層とあわない商材は他のモールで販売するなど、売上を伸ばすために多店舗経営が必要になることもあります。

初期費用・月額費用・売上手数料が発生する

ECモールに支払う費用として、初期費用(出店料)や月額費用、売上手数料があります。これらはECモールによって異なり、初期費用や月額費用が発生しないところもあります。集客力や得られる信頼、業務負担の軽減などと比較すると、費用はそれほど高くはありません。しかし、利益率に関係する以上、事前に綿密な計画を立てておきましょう。

価格競争が激しい

ECモールではインターネット上の同じ場所に競合他社が多く集まっています。消費者が比較検討するのも非常に容易なために、価格競争が起こりやすく、予想外に利益率が下がることも珍しくありません。こうした状況を回避するために、複数のECモールにおける価格推移をモニターして、有利な価格で販売できるECモールを選んでいるネットショップもあります。

詳細な顧客情報が入手できない

ECモール内での詳細な行動データや詳細な顧客情報は、基本的に開示されません。たとえば、ECモール内の検索履歴などから、顧客がどのような商品に関心を持っているかなどを調べることは不可能です。自社ECサイトのような直接的なWebマーケティングを行いにくいデメリットがあります。

代表的なECモール

ここでは、代表的なECモールであるAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングと、近年利用者が増えているau PAY マーケット(旧: Wowma!)をご紹介します。

Amazon

Amazonは月間訪問者数で他のECモールを大きく引き離しているマーケットプレイス型ECモールです。一般的に流通している「型番商品」は、価格と在庫数を設定するだけですぐに販売できます。また、Amazonに発送、決済を代行してもらう「FBA」もあり、運営負担が少ないことが特徴です。

楽天市場

楽天市場は日本におけるマルチテナント型ECモールの代表格です。初期費用(出店料)がかかるものの、ショップ経営者への充実したサポートを受けられます。楽天市場は囲い込み戦略を重視していることから、一度顧客になってもらうと継続的に購入してもらいやすいことがメリットです。

Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングは初期費用(出店料)と月額利用料が無料であることが特徴のマルチテナント型ECモールです。コストを抑えて経営したい場合や多店舗経営のひとつとして適しています。ショップ内の外部リンクも許可されており、自社ECサイトに誘導することも可能です。

au PAY マーケット(旧:Wowma!)

3大ECモールと呼ばれるAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングに次いで出店先の候補になることが多いのが、マーケットプレイス型ECモールのau PAY マーケット(旧:Wowma!)です。2020年に「au PAY」に名称変更された後も基本的な運営方針は変わらず、ほとんどの利用者がスマホユーザーであることが特徴です。

代表的なECモールの比較

令和元年における経済産業省の調査によると、BtoCのEC市場は前年比6.76%増の約19兆4,000億円となっており、堅調に伸びています。ここではECモールの流通総額ランキングとECモールの費用相場を解説します。

※参考

電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました|経済産業省

ECモールの流通総額ランキング

2019年流通総額ランキングは以下のとおりです。

・1位:楽天 3兆8,595億円

・2位:Amazonジャパン 3兆4,238億円(推定)

・3位:Yahoo!ショッピング 8,519億円

・4位:ZOZOTOWN 3,423億円

・5位:au PAY マーケット(旧:Wowma!) 1,287億円(推定)

楽天の流通総額は「ラクマ」「楽天トラベル」を含めた金額です。ECモールだけでは、Amazonのほうが上回っていると推定されます。

※参考

ECモールランキング!ECモールの意味や種類~メリット・デメリットまで解説|MakeShop

ECモールの費用相場

ECモールの費用相場は以下のとおりです。

ECモール初期費用月額費用システム利用料決済手数料その他
Amazon0円大口出品サービス4,900円、小口出品サービスは0円8~20%(商品カテゴリーによる) 無料(売上手数料に含まれる)Amazonポイント(1ポイント1円)
楽天市場6万円1万9,500円~10万円(プランによる)2.0~7.0%(プランによる)3.24%~(決済法による)楽天スーパーポイント分1.0%、アフィリエイト経由1.3%~
Yahoo!ショッピング0円0円無料0~4.48%(決済法による)ストアポイント原資負担1~15%、キャンペーン原資負担1.5%など

どの種類のECモールで出店するか?選び方のポイント

ここでは、ネットショップ経営者が出店先のECモールを選ぶ際の検討項目を3つ解説します。

商材で選ぶ

ECモールはそれぞれメインのユーザー層が違っており、日用品やファッション関連などの大枠でみても、適したECモールがそれぞれ異なります。ニッチな領域の商品や専門性が高い分野の商品は、お気に入りのショップで購入する傾向があります。そのためマーケットプレイス型ECモールは不向きであり、マルチテナント型ECモールを選ぶか、場合によっては自社ECサイトも検討しましょう。

ビジネス戦略で検討する

広告戦略と流入経路をセットで考えてECモールを選択することも重要です。たとえば楽天市場は外部サイトからの流入が多い傾向があります。一方、Amazonは自然検索が多いことが特徴です。また、ビジネスをスモールスタートさせるなら、初期費用や手数料などが安いECモールのほうが適しています。

多店舗展開を検討する

ECモールを1つに決める必要はありません。実際、多店舗経営によって売上を伸ばしているネットショップは数多くあります。

多店舗展開のメリットは、総集客数を増やせること、販路を拡大・多様化することで売上向上が見込めることです。また、有利な販売価格を付けられるモールを選べることや在庫を抱えにくいためキャッシュフローがよくなるメリットもあります。

ただし、作業負担が増し、コストが増大するケースも少なくありません。対策としては複数モール経営に対応したツールを導入することが効果的です。

まとめ

ECモールとはインターネット上の大型商業施設であり、マーケットプレイス型ECモールとマルチテナント型ECモールの2種類があります。ECモールによって特徴が違うため、多店舗経営も検討しながら自社に適したモールを選びましょう。

Crossma(クロスマ)はEC事業を徹底サポートする画期的な一元管理システムです。Yahoo!ショッピング、au PAY マーケット(旧:Wowma!)、楽天市場などの各ECモールの多店舗経営に対応しており、作業負担を減らし回転率を上げてキャッシュフローをよりよくできます。今なら詳しい資料を無料配布中です。

クロスマお問い合わせ・資料DLはこちら

公式LINEでお得な情報配信中!

ECのウンエイ LINE公式アカウントでは友だち申請募集中!! LINE公式アカウント限定で、ECサイトの運営に役立つコンテンツを提供しています。 また、LINEからのお問い合せも承っています。 友だち申請よろしくおねがいします!!