読む人も、書く人も、
すべてを考え抜いたデザイン。
真の使いやすさを追求したWPテーマ『JIN』
Shopify

Shopifyで売れないときはどうすればいい? 原因と対策を徹底解説

Shopifyでネットショップを出店したものの「集客がうまくいかない」「思うように売上に繋がらない」と頭を抱える方も多いのではないでしょうか?

この記事では、ECサイトの制作や運営に携わる著者が、Shopifyで売れない原因とその対策を解説していきます!
売上に悩むEC担当の方、ネットショップオーナーの方はぜひ参考にしてください。

Shopifyで商品が売れない3つの原因

Shopifyで商品が売れない3つの原因

Shopifyで商品が売れない場合にはどのような原因があるのでしょうか?売れない原因が明確にならないと適切な対策を行うこともできません。

まずは、Shopifyで商品が売れない3つの主な原因について解説します。

集客に問題がある

まずは集客に問題がある場合です。いくら魅力的な商品を販売していても、うまく集客できていない限り、それらを売ることはできません。

一概に集客といっても、集客の問題は様々あります。集客に関する問題がある場合には、はじめに以下の項目に当てはまらないか確かめてみましょう。

  • 求めているターゲットにリサーチができていない
  • SEO対策が不十分
  • SNSを十分に活用できていない
  • 商品訴求が他社と差別化できていない

サイト内の機能性やデザイン性に問題がある

サイト内の機能性やデザイン性に魅力がないと、せっかくサイトを訪問してくれたユーザーを離脱してしまい、機会損失となってしまいます。

サイト内に問題がないか、まずは以下の項目をチェックしてみてください。

  • サイト内導線がユーザー目線になっている
  • デザインの妥当性

商品に問題がある

最後に考えられる原因は、商品です。そもそも商品に魅力がなかった場合、いくら他の部分を頑張っても、それらが売れることはありません。

商品に問題がないのか以下の項目に注目してみてください。

  • 商品の需要が把握できていない
  • 商品の価格が適切でない
  • 商品の付加価値が不十分

【原因別】Shopifyで商品が売れない時の対策

【原因別】Shopifyで商品が売れない時の対策

Shopifyで商品が売れない原因が明らかになったら、いよいよ対策を考えます。今回は目的別に対策を解説します。

  • 集客に問題がある場合
  • サイト内に問題がある場合
  • 商品に問題がある場合

集客に問題がある場合の対策

まずは、集客に問題がある場合の対策から解説します。集客の問題を解決するためには、以下の3つの方法が有効です。

  • SEO対策
  • 広告出稿
  • SNSの活用

SEO対策をする

SEOとは、検索エンジンのことであり、これを最適化することで、検索結果画面でより上位に表示されるようになり、ユーザーのサイトへの流入率が高まります。

ShopifyでSEO対策を行う場合には、以下の項目の対策を行いましょう。

  • タイトルタグ
  • ページ(商品ページ)のURL
  • メタディスクリプション
  • 画像ファイルのalt設定
  • 商品説明

これらの入力や修正を行うことで、検索エンジンへの最適化につながります。ただし、SEO対策はかなり難しく、常にアップデートが必要となる対策です。SEO対策だけを行うのではなく、他の対策を平行して行うことがおすすめです。

以下の記事ではECサイトに必要なSEO対策について紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

広告出稿をする

広告出稿を行うことで、短期的にユーザーへ自社商品の訴求を行うことができます。

特にリスティング広告は、ユーザーの検索を元に自動で広告を表示できます。掲載自体に費用はかからず、ユーザーがクリックした時点で費用が発生するシステムのため、低予算で広告出稿を行えます。

しっかりとクリック単価を調整しながら、広告出稿を最適化することが大切です。

SNSでの発信をする

SNSでの発信を行えば、短期的に多くのユーザーの流入を見込める可能性があります。仮にフォロワー数が少ない場合でも、うまく拡散されれば、多くのユーザーへリーチできるでしょう。

まだSNSでの発信を行なっていない場合は、以下のSNSから始めてみましょう。

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

ターゲットの世代によって、発信媒体や内容は異なるため、適切な発信ができるように各SNSのユーザー層などを確認しておきましょう。

サイト内に問題がある場合

サイト内に問題がある場合には、とにかくユーザー目線のサイト作りができているかというポイントに注目しましょう。その上で、以下の対策を行うのがおすすめです。

  • サイト内導線の見直し
  • 決済方法の拡充
  • カゴ落ち対策
  • 商品画像や情報の見直し

サイト内導線の見直し

ユーザーがサイトへ流入後、決済画面までの導線が使いやすいかという観点で、サイト内導線を見直してみましょう。

サイトのユーザビリティを高めることで、購入方法がわからず購入を断念するや、顧客体験が悪くことを防げます。顧客体験の向上は、リピーターにもつながるため、サイト内導線の見直しは重要です。

以下の記事ではECサイトの売上UPのためのUI設計についてワイヤーフレーム付きで紹介しているので、情報設計やデザインの際の参考にしてください。

決済方法の拡充

Shopifyには多種多様な決済方法が存在します。決済方法が多ければ、希望する決済方法がないからという理由で離脱してしまうユーザーを減らせます。そのため、クレジットカードはもちろんのこと、最近主流となり始めている電子決済へも対応しておくといいでしょう。

Shopifyで利用できる決済方法は以下の通りです。それぞれ手数料も異なるため、比較しながらどの決済方法を導入するか検討しましょう。

  • Shopifyペイメント
  • Shop Pay
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • PayPal
  • Amazon Pay
  • KOMOJU
  • 携帯キャリア決済
  • Paidy
  • GMOイプシロン
  • SBペイメントサービス
  • 2Checkout
  • CyberSource
  • BitPay

カゴ落ち対策

カゴ落ちとは、サイトへ流入したユーザーがカートに商品を入れ、購入することなく離脱してしまうことを言います。ECサイトで購入率をあげるにはカゴ落ち対策を行うことが有効です。

カゴ落ち対策を行い、購入率をあげることで売上アップにもつながります。カゴ落ち対策には以下の方法があります。

  • メルマガの活用
  • ポップアップの表示
  • 購入フローの利便性アップ・簡略化

購入フローの簡略化は、決済方法を拡充することでも行うことができます。ECサイトの現状を把握し、有効なカゴ落ち対策を行いましょう。

Shop Payを導入することでカゴ落ちが防げるという調査結果が出ているので、以下の記事も参考にしてみましょう!

商品画像や情報の見直し

サイト内に掲載している商品の画像や情報なども見直すことが重要です。写真や情報はただ多ければ良いというものではないため、ユーザー目線での写真や情報の精査が必要となります。

  • 写真を商品の魅力が伝わるものになっているか
  • 商品情報に過不足はないか
  • わかりやすい表現になっているか

以上のポイントをチェックしていくと、適切な商品画像や情報を掲載できます。

商品に問題がある場合

そもそも商品に問題がある場合は、どのような対策を行うべきでしょうか?ここからは商品に問題がある際の対策について解説します。

商品の見直しを行う

商品に魅力がない場合、いくら他の対策を行なっても売上アップにはつながらないでしょう。そのため、しっかりとユーザーからの口コミを分析しながら、商品の見直しを行う必要があります。

需要と合っていないや、商品に魅力がないと判断した場合は、思い切って商品の方向性を変えることも選択肢の1つにしておくといいでしょう。

【まとめ】Shopifyで商品が売れない原因を明確にし、対策をしよう

Shopifyで商品が売れない場合は、まず売れない原因を明確にする必要があります。主な原因は以下の通りです。

  • 集客に問題がある
  • サイト内の機能性やデザイン性に問題がある
  • 商品に問題がある

売れない原因を明確にした後は、それぞれの原因に適切な対策を行っていく必要があります。闇雲に対策を行うのではなく、しっかりと原因究明を行って分析をした上で、対策を行うようにしましょう。適切な対処ができれば徐々にShopifyで商品が売れるようになって行くはずです。

公式LINEでお得な情報配信中!

ECのウンエイ LINE公式アカウントでは友だち申請募集中!! LINE公式アカウント限定で、ECサイトの運営に役立つコンテンツを提供しています。 また、LINEからのお問い合せも承っています。 友だち申請よろしくおねがいします!!